2006年 04月 23日 ( 1 )

Let's ドンキホーテ

メインタンクをリセットした際、ミナミヌマエビの残存数を数えたら・・・0でした。
みなラミレジィに食われたりして消滅したんでしょうね。

というわけで、昨日は久々にフィールドへ出かけました。
もうそろそろ水温も上がってるし、採集には良い季節なんじゃないかと思って。
場所は、去年ミナミを大量捕獲した春日井市の某所。
ところが、いざ到着してみると、なんか川の色が違う。
まるでメコン川を彷彿とさせるような赤さです。
何事かと思ったら、上流で河川工事が行われていました。
こんな状況でミナミが採れるわけないので、別の場所を探す事にしました。

ナビ画面を見つつ、しばらく車を走らせて到着したのがここ。
e0049455_2129435.jpg

先程の川の数百メートル上流にあたる場所で、右側の土手がちょっとした遊歩道になっています。
結構近所の人が散歩してるので、いいおっさんが川に入るのは勇気がいります。
が、今更恥ずかしがってる場合じゃないので、ウェーダーを履いていざ出陣。
遊歩道の脇から川までは緩やかな坂になっているだけなので、どこからでも入れます。
で、いざ川に入ってみると、水草の少なさに唖然としました。
こういう場所には大抵アナカリスなんかが繁茂してるのですが、ここには得体の知れないコケがポツポツと生えているだけ。
それも、モスというよりアオミドロみたいなのばっかり。
心配になりながらそっと網を入れてみると・・・
e0049455_21374064.jpg

しっかり採れました☆
去年みたいに1回で20匹とまではいかないけど、まぁ良しとしましょう。
他にもタモロコとかヨシノボリなんかも網に入り、結構豊かな川のようです。
しばらくガサ入れを続けていたら、通りかかった若夫婦に声をかけられました。
『何か採れるんですかぁ~?』
「エビです」
『モエビみたいなのですかぁ~?』
「そうです」
あまり長話もしたくないので、早々に会話を切り上げてガサ入れを再開しました。
ガサ入れとは孤独な作業。
気分はソリッド・スネークです。
結局、ポイントを移動しつつ20分程ガサ入れを続けましたが、数十匹捕獲したところで切り上げました。


天気はイマイチだったけど、久々に川遊びして楽しい1日でした。
[PR]
by cory-g | 2006-04-23 22:01 | フィールド