カテゴリ:ビオトープ( 3 )

まだ終わらんよ・・・

最近すっかり気温も上がり、そろそろビオトープの季節。
で、先日うちのなんちゃってビオのお手入れをしました。
e0049455_228099.jpg

まぁ去年のまんまなんだけど、冬の間に枯れた浮き草や、水生植物の枯葉を除去してちょこっとさっぱりさせました。
なんか青水になってるので、室内待避してたドワーフフロッグピットをいくつか浮かべて水中の日除けにしてみたり。

で、この作業の数日後、意外なモノを発見しました。
e0049455_22114949.jpg

い、生きていたのか・・・!


全滅したはずのクロメダカが3匹、ひょっこり姿を現しました。
一切エサも与えず、冬の間も特に防寒してなかったんですがねぇ。
てか、名古屋に雪がドカっと降った日なんか、この上に雪が積もってたし・・・。
しばしメダカの生命力に感動していました。

しかし、我々は、更に驚く事態に遭遇する事にっ!(←某探検隊風で夜露死苦!)
e0049455_22181524.jpg

なんと、稚魚発見。
ロクに隠れる場所もないこの環境で、親メダカに食べられる事も無く生き延びてるとは。
ざっと見た感じでは3匹しか確認できなかったけど、まだ隠れてるのかも。
親が近寄るとファンネルのようにピピッと逃げて、なかなか逞しく育っているようです。
さて、このまま何世代も子孫を残していけるでしょうか?
[PR]
by cory-g | 2006-06-19 22:25 | ビオトープ

腐海

ずっと登場してない「なんちゃってビオ」ですが、一応維持してます。
2週間程前にカインズホームの外売り場をウロウロしてたら、山野草のコーナーでシラサギカヤツリを発見しました。
価格も280円とお買い得なので1株購入し、早速ビオに投入しました。
e0049455_22541241.jpg

これがその時の写真。
徐々に浮草が増えてきていい感じだなと思っていたのですが、翌日辺りから悲劇が。
朝、メダカに餌をやろうと覗き込むと、なんかその場でくるくると回転しているメダカを発見。
もうトリプルアクセルどころか、ずっと回ってます。
なんだろな~と思いつつもそのまま放置(←原因考えろ)。
で、そのメダカは翌日ミナミによりエビ葬されていました。
その後も何匹か同じ症状でお亡くなりになるメダカがいましたが、基本的にビオは放置なので足し水以外は何もしないでおきました。
シラサギカヤツリを入れてからの異変なので、害虫駆除の薬品か何かが残ってるのかなとも思いましたが、ミナミが生き残ってるのでその線は薄い。
ほな、何でやろね?

そして本日の様子。
e0049455_2322842.jpg

浮草爆殖です。
弐号水槽に入れた分減ってますが、それでも水面全体を覆う勢いです。
結局メダカの生き残りは1匹で、ミナミはどこにいるのか確認すらできません。
南国砂を底砂に使ったのは失敗だったカモ。
それと、困った事にアブラムシとサカマキガイが大発生してます。
もうこうなってくると腐海です。
そのうちウシアブやオームが湧いてくるカモね。
[PR]
by cory-g | 2005-10-01 23:17 | ビオトープ

今頃・・・

え~前回の更新後、メインタンクは特に問題無く維持できてます。

で、その後ナニをやっていたかというと・・・
e0049455_19111167.jpg
「時期外れのなんちゃってビオトープ♪」

ベジタブルプランターなる、大きくて深い(700×400×260)プランターの排水口を塞いで睡蓮鉢代わりに。
ADAの睡蓮鉢ィ?あんなもの買って天野に御布施する気は毛頭ござんせん。
余っている南国砂を一面に敷き詰め、水生植物を適当に並べ、クロメダカ10匹を突っ込んでハイ出来上がり。
赤玉土とか使った方が調子いいんだろうけど、何分思いつきで始めたからあり合わせで。

植物の詳細は以下の通り。

姫スイレン(黄)・・・カインズホームで処分価格300円
サジオモダカ・・・リミックス港店にどうにか残ってたやつ。値段失念。
斑入りの細長い葉のナニか・・・名前失念。値段も失念。
アンブリア・・・元メインタンクに入ってて、今は植える場所が無いので投入。
浮草色々・・・これも元メインタンクに入ってて、光量不足で増えないから投入。

とまぁ、なんだか冴えない内容。
でも、このビオの本当の目的は他にあったりする。
[PR]
by cory-g | 2005-09-07 19:30 | ビオトープ