選択ミス

順調に育ってたハス稚魚、PL-17に隔離しましたとお伝えしたのはつい先日。
しかし、この稚魚水槽で事件が発生しました。
数日前、帰宅後いつものようにブラインを与えようと水槽の中を覗き込んだら、数匹の稚魚がひっくり返っていました。
底には朝与えたブラインがほとんど残って腐敗してます。
そう、水質悪化による死亡事故です。

ブリーディングフィルターだけでは濾過力不足になるだろうと、水面にドワーフフロッグピットを浮かべ、かつ3日に1回3割程度の換水をしてたんですがねぇ。
ブラインをガツガツ食べ、それに比例してフンも多かったからなぁ・・・。
しかし全滅まではいかなかったので、残った稚魚を親水槽に放流しました。
そして本日の様子。
e0049455_23301140.jpg

もうすっかり親と同じ色になり、一緒に泳げるようになりました。
今回の事故が無ければ、手放しで喜べるんだけどねぇ。
まぁ、生き残りがいただけでもラッキーと思うべきか。
こんな事なら、もう1個産卵箱用意すれば良かった・・・。

凹む話ばかりなのもアレなので、本日の産卵箱でも。
e0049455_2334326.jpg

第2波~第4波の稚魚でかなり混みあってきました。
こちらはかなり順調で、第1波の時みたいにポロポロ落ちる事もありません。
水換えもいつも通りだし、何が良くて順調なのかわかりませんが、調子良いならまぁ良しとしましょう。
でも、第2波の稚魚がかなり育ってきてるので、そろそろなんとかしないと第4波の稚魚までブラインが行き渡らなくなりそうな予感。
e0049455_23424838.jpg

ね、かなりデカいでしょ?
水槽が狭くなるけど、産卵箱2セット体制にするべきか。
[PR]
# by cory-g | 2006-03-07 23:43 | EJ-30S

堕落

とうとう我慢できなくなったとです。
みんなmurapy1さんがいけないんです。
↓買ってきちゃいました。
e0049455_0332944.jpg

インドアカメフグ(インドエメラルドパファー)という名前で売ってたんだけど、ちっとも目が赤くないです。
最大でも10cm位にしかならないそうで、これなら空いてるRG-20でも飼えるかなと思って。
ショップにいる時は、一緒に入ってたメダカ(エサ?)を激しく追いかけたりして獰猛な感じだったけど、ウチに来てからはなんだか大人しいです。
ビリーフィルター&ヒーターの影になってるコーナーでじっとしてて、冷凍赤虫を落としても興味を示してくれません。
それならとラムズホーンを投入したら、数分後には出てきてハンティングを始めました。
その隙に撮ったのがこの写真。
e0049455_0241264.jpg

こうして見ると、なんだかフグというよりウマヅラハギのような・・・。
もう少し育ったら(今は4cm程度)顔つきも変わるのかしらん?
隣の水槽にいたレッドテールアカメフグの方が綺麗だったなぁ・・なんて、今更遅いね。
それと、今は↓のような
e0049455_0384065.jpg

中途半端に掃除した水槽に土管が入ってるだけの寂しい状態なので、もうちょっとレイアウトをなんとかして、見られる水槽にしないとね。
アベニーみたいに水草入れて大丈夫なのかもわからないけど、ミクロソリウム位は入れたいところ。
さて、この先どうなるやら。
[PR]
# by cory-g | 2006-03-03 00:43 | Tetra RG-20

少しは休ませろよ・・・

あの・・・
e0049455_2341496.jpg

もう・・・
e0049455_2344583.jpg

お腹いっぱいなんですけど・・・orz

あと、引っこ抜いたロタラを水張ったバットに取っておいたら
e0049455_2371260.jpg

予想通り。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-28 23:07 | EJ-30S

絶倫

昨日は弐号水槽の水換え日でした。
いつものようにブリクサ周りに溜まってるゴミをスポイトで吹き飛ばし、なんちゃってプロホースで水を抜いてたら・・・
e0049455_23131921.jpg

またかよ・・・orz

ハス稚魚、第3波です。
第2波見つけてからそう経ってないのに、また産まれてたようです。
この写真の子なんか、既にブライン食ってるみたいやね。

毎日ちょっとづつ回収するのも面倒なので、今回は流木をどかし、ついでに水面でとぐろを巻いていたロタラを全部引っこ抜いた上で稚魚をサルベージしました。
ワラワラ出てきたんで数えてないけど、十数匹はいたようです。
そして産卵箱の中は
e0049455_2321258.jpg

稚魚だらけ。
第1波の時と違い、今回はあまり落ちる事もなく育っているので過密気味になってます。

そして一夜明けた今日、ハスママが1匹死亡してました。
やっぱMAXサイズで売ってた固体は、購入後1年と持たないみたいだね。
しかし、しっかり子孫残してくれたので、この子達は責任持って育ててやるぜ。
成仏しな@ハスママ


話変わって、今日16年振りにイトメを買ってきました。
固まってウネウネしてる様は相変わらずキモいね。
早速少量をナイフで刻んで第1波のハス稚魚に与えてみましたが・・・全く食いやがりません(TT)
大きさ的にまだ無理なのか、ブライン程いい匂いがしないのか。
仕方ないので、メインタンクの連中に与えてみました。
e0049455_23312816.jpg

狂喜乱舞。
やっぱ活き餌は美味いらしいね。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-26 23:40 | EJ-30S

遠目にゃ良いが

年明け早々にセットした会社の水槽ですが、ちょっと良くない状況です。
まずは本日の様子をご覧下さい。
e0049455_23194298.jpg

パッと見ではそこそこ綺麗に維持できてるように見えますが、実は結構コケてます。
って、以前CO2システムをセットした時のコケが未だに撲滅できてないんですが。
さすがにマクリコーダがいるので、茶コケは生えなくなりました。
しかし、糸状のコケが全然減らないんです。
特にグロッソに付着してるのが厄介で、コケを取ろうとすればグロッソも抜けてくる始末。
水換えの時に取れる所は極力除去し、最もやりたくなかった、ヤマトヌマエビの投入(しかも10匹)までやってみたんですが・・・。
まるで黒髭コケのように頑固にこびりつくこのコケ、どうにかならんかね?

話は変わって。
この水槽にもカリウム液肥を添加してるんですが、トロフィカルKではありません。
もちろんブライティKに手を出すわけもなく、ナニを使ってるのかというと・・・
e0049455_2330650.jpg

ニセブライティK

またもニセモノシリーズ登場です(ー)
これだけ見ると、100均のボトルに水が入ってるようにしか見えませんね。
でも、中身はちゃんとカリウム液肥です。
e0049455_2332298.jpg

炭酸カリウム500g入り@¥1400と、精製水@¥200なので初期費用は市販の液肥買うのと大差無いんです。
が、1回の配合に使う炭酸カリウムは50gなので、10回分あるんですわ。
もうカリウム液肥を買う必要なさそうやね。
薬局で頼めばすぐ取り寄せてもらえるので、高い液肥に辟易としてる方はお試しあれ。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-24 23:41 | 会社の水槽

2nd STAGE

第1波のハス稚魚達ですが、やはり隔離する事にしました。
前回心配してたように、やはり大きさの違う稚魚を同居させておくのは良くないと思って。
それと、いつまでも産卵箱で育ててると、大型魚を小さな水槽で飼育した時みたいに成長が鈍ってくるんじゃないかという心配もあったり。
で、本日の様子。
e0049455_22234522.jpg

結局、会社で使ってたPL-17を使い、スドーのブリーディングフィルターSと30Wのオート-ヒーターをセットしました。
なんかベアタンクって久し振り~。
昔、ディスカス飼ってた頃以来か。
バクテリア的には底砂あった方がいいんだけど、稚魚のエサ取り&掃除のしやすさでこうなりました。

で、肝心の稚魚の方はというと
e0049455_2228318.jpg

ゴマ塩模様が薄くなり、親と同じ体色に変化してきました。
そろそろ刻みイトメなんかも食べられるはずなので、成長を加速させるためにも調達してこねば。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-19 22:33 | PL-17

撤退

先週、日曜に更新したっきりでブログの方を放置してましたが、実は事件が起きてたんです。

現場はCRS水槽。
いつものように「怪しい粉」&「微生物の素」を規定量添加しつつ水槽内を覗いたら、なんか溶岩石の中にクリルが落ちてたんです。

え、クリル?

そう、それはCRSの死体でした。
模様から察するに、先日稚エビをリリースしたばかりのママさんと思われます。
「産後の肥立ちが悪い」ってやつかなぁと思いつつ、とりあえず死体を取り除きました。

それだけなら事件て程でもないんですが、悲劇は続きました。
翌日も、その翌日も、1~2匹のエビが死んでいきます。
亜硝酸の上昇を疑い水換えするも、デスマーチは止まりません。
そして本日の水槽。
e0049455_23303510.jpg

赤い色はどこへやら。
そう、全滅です。
e0049455_23312568.jpg

「全滅?十数匹のCRSが全滅だと?!2ヶ月も持たずにか・・・」


というわけで、グリーンオトシンと稲妻カノコ貝のみが残る死の水槽となりました。
良い機会なので、これにてCRSより撤退します。
どうも私は、エビに振り回されるのは性に合いません。
それに
e0049455_2335498.jpg

こんな風にあちこちコケまみれで、リセットは不可避だし。
どうせリセットするなら、全く違う事をやりたい。

まだ方向性は定まりませんが、とりあえずエビはお腹いっぱいです・・・。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-15 23:39 | CRS

分岐点

今回もハス稚魚ネタです。

前回、第2波の稚魚を1匹見つけたとお伝えしましたが、その後もポツポツ発見していました。
ただ、ずっとトリミングしてないので、水槽内はこんな感じになってます。
e0049455_2284930.jpg

これで漏れなく回収するのは無理だよね。
というわけで、今日は水換えついでに流木をどかして捜索したところ、やはり何匹か隠れていやがりました。
といっても第1波程大量ではなく、只今の総数9匹。
ロタラ&パールグラスの森の中までは探索してない(メンドクサイ)ので、まだいるかもしれません。
で、産卵箱内の様子。
e0049455_22132193.jpg

こんだけ体格差のある稚魚を混泳させるのはマズいなぁ・・・。
会社でアカヒレを入れてたPL-17が余ってるから、それに隔離してやるべきか?
でも一気に水量減ると、朝晩の餌やりで水が汚れるしなぁ・・・。

さて、どうする?
[PR]
# by cory-g | 2006-02-13 22:19 | EJ-30S

第2波

今日もハス稚魚にせっせとブラインを与えていたら、待ちかねていたモノを発見しました。
e0049455_2191417.jpg

ハス稚魚、第2波です。
とは言っても、まだ1匹しか発見してませんけどね。
産卵箱は1個しかないので、第1波の稚魚達と同居してもらいました。
こうして見ると、最初の稚魚がいかに育ってるかが良くわかりますね。
cube60さんとこの絶倫ママと違い、ウチのハスはなかなか次の産卵をしてくれませんでしたが、今回も私の目の届かない背面ガラス辺りにコッソリ産みつけたのでしょう。
今後も発見次第、産卵箱に隔離していきます。




と、今日はここから非アクアネタです。

突然ですが、皆様は非常持出袋って準備してますか?
先日のmurapy1さんの記事が地震ネタだったので、ふと我が家の防災体制についてお話しようかと思いました。

私の住む名古屋市は人口220万人程ですが、食料の備蓄は40万食程度だそうです。
5人に1人、1回配給受けたら終わり。マジかよ(-_-;

そんな訳で、私はしっかり準備してます。
部屋と廊下の境に↓のザックが常備してあり、
e0049455_2134561.jpg

中には長期保存の利く水と、食料を数日分(水はこれでも少ないです)
e0049455_21355048.jpg

そして、ストーブ、ランタン、コッヘル等の道具類。
e0049455_21372492.jpg

道具の大半は、地元にいた頃にバックパッキングの旅がしたくて揃えた物です。
揃えた直後に名古屋に出てきちまったので、実はまだ活躍してないんですけどね。
オートキャンプは何度も行き、同じような道具は使ってるので、いざという時使い方がわからないってオチにはならないと思いますが。
他にもシュラフ、ヘッドランプ、ラジオ等々、キャンプでも避難生活でも必要になるグッズが一通り揃えてあります。
それと、会社のロッカーにもこれほどじゃないものの、デイバッグに詰めた用品が保管してあります。
家と会社、どっちにいる時に被災するかわからないしね。
実際、数年前の芸予地震は、会社で溶接作業してる時でした。

とまぁここまで用意してても、建物が潰れて下敷きになったら終わりだけど。
生き残った時の為に、皆様も可能な限り備えましょうね。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-05 21:59 | EJ-30S

DRUG

先日のmurapy1さんの記事を読み、ウチも問題が起きる前に手を打っておこうと思い、色々仕入れてみました。

まずはコレ、
e0049455_21311994.jpg

シュリンプ繁殖促進 S―1
週1で10Lに1滴って添加量が「ホントかよ」って感じですが、まぁおまじない程度に。

そしてこちらが本命、
e0049455_21405311.jpg
Minima breeder Shirakuraさんの「怪しい粉」と「微生物の素」。
なんかね、最初に特売で買ったエビ、白い部分が色抜けしてきたやつがいるんよ。
透明に近いのとか、黄色っぽくなってきたのとか。
血統なら仕方ないんだけど、少しでも綺麗でいてもらいたいという願いから購入。
これで以前の輝きを取り戻せるか?

んでもって一昨日、願いを込めながらヤクを添加してたら、遂に発見しました!
e0049455_2153247.jpg

稚蝦フォ~ッ!!!

まだ孵化したばかりか、せいぜい1~2日ってとこでしょう。
中央のソイルの上だけじゃなく、枯れかけて醜いキューバパールの中にもいるのわかります?
じっくり探してみたら、水槽内のあちこちに隠れてました。
こいつらこそ初期飼料が心配だけど、微生物の素が力を発揮してくれる事を信じましょう。
[PR]
# by cory-g | 2006-02-01 22:00 | CRS